上達編その2 精油の品質を見極めよう

エッセンシャルオイル(精油)の品質がたくさんの要因に影響されていて、香りや品質の良し悪しに大きな違いが生じてきます。

1. 原料植物の生育条件

エッセンシャルオイル(精油)の香りと品質は、まず第一に原料となる植物の生育条件に大きく左右されます。これは、野菜や果物のように、天然植物の生体内に生産されるエッセンシャルオイル(精油)の成分が、温度や湿度、日照時間などの条件によって異なるからです。

2. 原料植物の収穫方法

エッセンシャルオイル(精油)の品質に影響を与える人的要素として、最初の重要なポイントは、原料植物の収穫方法です。経験を積んだ優秀な生産者は、原料植物にの成長時期やその日に収穫時間帯を考慮しながら、最上質のエッセンシャルオイル(精油)を得られるタイミングを的確に見定めて収穫を行います。高品質の精油を得るには、原料植物生産者の知識と経験が不可欠です。

3.精油を生産する基準・場所・器具

アロマテラピーの使用に適した品質グレードのエッセンシャルオイル(精油)を生産するためには、基準や生産工場にも大きく影響されます。弊社が販売しているエッセンシャルオイル(ブランド名E’s Aroma)は、厳しいUKAS [英国認証機関認定審議会]認定基準を合格した精油であり、生産工場もオーストラリアにて30年生産経験がある老舗工場です。よく使われる水蒸気蒸留法から高度なテクニックが必要とされるCO2蒸留法まですべての生産方法も完備していてい、生産器具の材質などもエッセンシャルオイル(精油)によって、接触しても化学変化しにくい材質を使っています。

このように、生産原理自体は単純であっても、非常に多くの要因がエッセンシャルオイル(精油)の品質に関わっています。エッセンシャルオイル(精油)の生産においては、いずれの段階でもコストを抑えるために、手を抜いたり、時間を短縮したりして、品質グレードを犠牲にすることが可能です。アロマテラピーにおいては、信頼できるエッセンシャルオイル(精油)を選んで使用することが非常に大切です。